FC2ブログ

Linuxのスライドショー作成アプリの紹介

未分類
12 /31 2018
写真に音楽を入れて動画風にするには、Windowsのフォトストーリーが最適だが、Linuxに良いのがないか探したが適当なのが見つかった。
PhotoFilmStripというアプリだが、なかなか使える。
日展に行った時の写真を素材に作ってみたが、そこそこの出来だった。
YouTubeに公開しようと思ったが、著作権の問題が発生するかもしれないと思い断念した。
PhotoFilmStripのメニューは英語だが、メニューがたくさんあるわけではないので簡単に使える。
多機能ではないがツボを抑えた良いソフトだと思う。
スポンサーサイト

Windowsのフォトストーリーは優れたソフトだ

未分類
12 /28 2018
写真に音を入れてスライドショー風に仕上げるには、Windowsのフォトストーリーが良いと思う。
バグもないし、完成されたソフトだと思う。
特に、画面切り替えのバリエーションが豊富なのが良い。
機能的にも優れている。
LinuxのOpenShoto Video EditorやKdenliveでやってみたが、とてもじゃないがフォトストーリーの真似はできない。
画面切り替えの表現力がダサいのしかないのだ。
Kdenliveでスライドショーを作ってみたが、バグがあるみたいだ。
レンダリングした画像を再生したら、真っ白な画面が2箇所あった。
やはり、オープンソースのソフトはこの辺が限界かな。
プロプライエタリなソフトでもいいから、Linux版のすぐれた動画編集ソフトを作ってくれないかな。
でも、PCのデスクトップのシェアが2.2%しかないLinux版のソフトなんて作っても、赤字になっちゃうからどこの会社も作らないだろうな。
Linuxのデスクトップを使い続けるなら、オープンソースのソフトで我慢するしかないのかな。
デスクトップPCとしては、やはりWindowsの方が優れているな。
でも、Linuxに愛着があるからLinuxデスクトップからも離れられない。
Windowsデスクトップをメインにすれば楽なんだけど、なんか面白くない。
何も考えなくてもなんでもできちゃうからつまらない。

私が所属しているNPO法人の代表は、Windowsはまったく使わずにラズベリーパイだけですべてを処理している。
つまり、すべてオープンソースのソフトだけでやっている。
ここまで徹底してLinuxだけでやっているのはすごいと思う。
しかも、ラズベリーパイという低スペックのPCでやっているというのもすごい。
私はここまで徹底してオープンソースだけでやる根性がない。
覚悟が足りてないのかな。
でも、プロプライエタリなソフトでも完成されたものは使っていて気持ちが良いな。
バグがあったりダサいソフトは使いたくない。
もっと、Linuxのデスクトップが普及すれば状況が変わってくるのだろうが、まあ無理だろうな。
Windowsのデスクトップの方が使いやすいのは間違いない。
いつまでLinuxのデスクトップが続くかな。
PCの使用歴からすれば、Windowsの方が圧倒的に長いしな。
20年前に、Windows98の時に、Plamo Linuxとデュアルブートで使っていた。
この時に、かなりLinuxを勉強した。
C言語とPerlを独学で勉強した。
Linuxをメインで使っていたが、2年くらいでWindowsに戻しちゃったな。
それからは、ずっとWindowsだった。
しかし、1年半前にLinux Mintに出会ってハマってしまった。
Windows10とデュアルブートで使っていたが、Linux Mintをメインに使っていた。
Linux MintはUbuntuベースのLinuxディストリビューションだが、とても使いやすかった。
Linuxデスクトップの進歩に驚愕したものだ。
UbuntuはLinuxとしては素晴らしいディストリビューションだと思う。
でも、デスクトップPCとしてはWindowsには勝てないと思う。
そろそろ、道楽としてのLinuxを卒業してWindowsに戻ろうかな。

Linux Mint 19 Cinnamonで動画キャプチャーを使うとノイズが入る件は解決した

未分類
12 /19 2018
Linux Mint 19 Cinnamonで動画キャプチャーを使うとノイズが入る
上記の問題は、デスクトップ環境をCinnamonからMATEに変更することで解決した。
以下のサイトを参考にした。
パソコンユーザのつぶやき
それにしても、Linuxはデスクトップ環境を簡単に変更できてしまうから便利だな。
Windowsにはこの芸当はできません。

Linux版WPS Officeの不具合

未分類
12 /07 2018
Wordで作ったdocxファイルを、WPS Office Writerで開いて、レイアウトタブの用紙サイズを確認しようクリックとしたら、フリーズしてしまった。
何度やってもフリーズする。
思い切ってWPS Officeを最新版にバージョンアップしてみたら直った。
LinuxでMS-Officeのファイルを見るには、LibreOfficeではダメなので、WPS Officeには助かっている。
無料なのにそこそこの機能があるのでありがたい。
ちなみに、Ubuntu 18.04.1はWPS Officeのタブメニューの文字の下のほうが少し欠けてしまっている。
読めないことはないので実用上は問題ないが、Linux Mint 19 Cinnamonはこの辺がまったく問題なく表示できてる。
やっぱり、なんだかんだ言ってLinux Mintは使いやすいな。
動画キャプチャーのSimpleScreenRecorderの問題さえ解決できれば、Linux Mintの方を使いたいんだけどな。

UbuntuのwineでPhotoScapeとKindleが使えるようになった

未分類
12 /06 2018
PhotoScapeはWindowsで使えるフリーの画像編集ソフトだ。
多機能でとても便利だ。
これが、Ubuntuでも使えるようになった。
スクリーンキャプチャー以外はWindowsと変わらずに使えるようだ。
その他に、Kindleが使えるようになったのはとても嬉しい。
もっとも、Kindleは最近はクラウドで使うようにしている。
wineは使い方によっては便利なソフトだ。

今後ともLinuxは使い続けていこうと決心した

未分類
12 /02 2018
Windowsアプリのあまりの使いやすさに圧倒されて、もうLinuxを使うのはやめようなんて言ってしまったが、
Linuxを使っている人たちのブログを読んでいる内に、段々と、またLinuxを使っていこうという気持ちが盛り上がってきた。
LinuxはやはりWindowsよりも面白い。
私にとって、PCは手段だけではなくて目的でもあるのだ。
Windowだけを使っていたときは、プログラミングなんてやる気も起きなかったし、PCが面白いと感じたことはほとんどなかった。
苦労しないで何でもできてしまったから、PCのスキルもほとんど向上しなかった。
Linuxは苦労することも多いけど、何よりも面白いのだ。
OSやPCの勉強にもなる。
これからも趣味としてLinuxを使い続けていこうと思う。