FC2ブログ

記事一覧

Linuxのatコマンドは楽しい

2012年の0bytetest-green(@0bytetest_green)さんのTwitterが面白かった。
atコマンドを使って、指定した時間にメッセージを表示したり、音を出したりするものだ。
早速、以下のコマンドを試してみようと思い立った。

echo 'notify-send 時間だよ' | at 11:00

このコマンドは、notify-sendというアプリを使って、午前11:00に「時間だよ」というメッセージをデスクトップに表示するものだ。
Linux Mint 19 Cinnamonの場合は、aptを使ってnotify-sendとatをインストールする必要があった。
次に、以下のコマンドを試してみることにした。

echo 'mpg321 ~/ミュージック/おでかけ.mp3' | at now+15minutes

上記のコマンドは、mpg321というアプリを使って、15分後におでかけ.mp3に収納されている音を出すというものだ。
mpg321はaptを使ってインストールした。
音を収納するおでかけ.mp3ファイルの作成にはAudacityというアプリを使った。
これもインストールする必要がある。

指定した時間に、メッセージを表示したり音を鳴らしたりできてとても楽しい。
ぜひ、試してみられることをお勧めする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント