FC2ブログ

記事一覧

fire TV stickをメディアプレーヤーにする

Linux Mintに保存してある動画や写真などを、Amazonのfire TV stickで再生できたら面白いなと思ってやってみた。
Linux MintにDLNA(Digital Living Network Alliance)サーバをインストールする必要がある。
最初、Rygelというのを使ってみたがダメだった。
MiniDLNAを使ってみたらうまくいった。
fire TV stickには、まずES File Explorlerというアプリをウエブからインストールする。
そして、Linux MintでKodiというDLNAクライアントアプリをダウンロードする。
このKodiをfire TV stickから認識するには、Linux MintにSambaサーバをインストールしておく必要がある。
fire TV stickのES File Explorlerで、Linux MintでダウンロードしたKodiパッケージファイルが認識できたら、それをクリックするとインストールが始まる。
この辺の詳しいことは以下のリンクを見て欲しい。

新型Fire TV StickにKodiをインストールして超省電力DLNAクライアントにしよう!

インストールできたら、fire TV stickでKodiを起動してLinux Mintの動画や音楽を認識できるようにする。
動画や音楽は再生できたが、なぜか写真だけが表示できなかった。
KodiのUPnPというのがDLNAクライアントだ。
KodiはDLNAだけではなくてWindowsのファイル共有も使える。
Windows(SMB)を選択すれば、Linux MintのSambaサーバで指定したディレクトリを認識できる。
こちらは、問題なく動画も音楽も写真も表示できた。
fire TV stickのリモコンで操作できるので快適だ。
特に写真が大きく綺麗に映るのでとても良い。
GoogleのChromecastとスマホを使っても同じようにできるが、fire TV Stickの方が使い勝手が良い。
画質も良いような気がする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント