FC2ブログ

記事一覧

Ubuntu18.04は常用はできない

昨日、Ubuntu18.04のPCにTakaoフォントを入れようと思って、ターミナルを使ってインストールした。
しかし、インストールが途中で止まったようになってしまった。
95%くらいのところで、タイムアウトというエラーが出た。
とりあえずTakaoフォントは入ったようだった。
ついでに、フォントマネージャーでIPAフォントを入れようと思い立った。
しかし、このフォントマネージャーはなかなか立ち上がらなかった。
ターミナルの立ち上がりも時間がかかったし、アプリの起動がこんなに遅いんじゃ使い物にならない。
まあ、CPUもCore2Duoでメモリも2GBしかないからアプリの起動に時間がかかるのも分かる。
Linuxのいいところは、古いPCでもWindowsよりも比較的サクサク動くというのが魅力だったはず。
それがこんなに遅いんじゃ使う気にならない。
ターミナルの動きが遅いのは致命的。

デザインも良いし、設定も非常にわかりやすくなっているのに、本当に惜しい。
Ubuntu18.04は諦めてUbuntu MATE18.04を入れてみた。
こちらは、ターミナルも普通に使えるので良い。
Ubuntu18.04よりも動きが良い。
デザインや設定のしやすさはUbuntu18.04よりは劣るが。
今後のUbuntu18.04に期待しよう。
最新のハードウェアを使えば、Ubuntu18.04も軽快に動くのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント